柏ってどんな街?

柏市は千葉県の北西部に位置する業務核都市で、千葉県内では4番目に人口の多い市です。
ちなみに1位は千葉市で約95万人、ついで2位が船橋市、3位が松戸市となっていて、柏市は40万人ほどです。
千葉市には54の市町村がありますが、その中で柏市は5番目に住みやすい街というランキング結果も出ています。
柏をひと言で表現するならば「東京のベッドタウン」ということになるでしょう。

柏駅にはJR常磐線、東武野田線、つくばエクスプレスが乗り入れていて、常磐線の快速を
使えば柏駅から上野駅までは25分程度ですから都心へのアクセスも充実しています。
また、柏の街が大きく発展した背景にはつくばエクスプレスの開業が大きく影響しているといっても良いでしょう。
つくばエクスプレスが開業したことで柏から秋葉原までは30分圏内となりましたし、休日には
筑波など自然の多い地域へも簡単に出ることができるようになったことで柏市の人気が高まり、地価もかなり上昇ました。

このように交通網が整備されている影響もあって、柏駅は千葉県内では3番目に
乗降客が多い役となっています。
つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅周辺には教育施設が多いことでも知られています。
柏市にある大学としては東京大学柏キャンパスや千葉大学柏の葉キャンパス、麗澤大学、二松学舎大学、
日本橋学館大学、気象大学校などがあり、教育施設が充実していることが分かると思います。
柏市は商業施設も充実しています。

柏駅前にはそごう柏店や丸井柏店、柏タカシマヤなどデパートがありますし、ビックカメラなどの
大型電器店やビームスなどのアパレルショップなども充実しています。
さらに最近では商店街がショッピングモール化して各種商業・業務施設が新しく出店されて賑わいを見せています。
柏はスポーツも盛んです。
その代表的な存在となっているのはJリーグの柏レイソルでしょう。
一時期は成績不振からJ2に降格してしまったレイソルですが、J1に復帰してすぐに
リーグ優勝を果たしてアジア・チャンピオンズリーグに駒を進めるなど最近は活躍が目立っています。

このように東京のベッドタウンとして発展を続ける柏の街ですが、その一方で郊外には
比較的自然が残っていて、暮らしやすい一面も持っています。
柏公園は春になると桜並木がキレイで目を楽しませてくれますし、手賀沼の近くにも
柏ふるさと公園など自然があふれる場所がたくさんあります。

また、あけぼの山農業公園・あけぼの山公園ではチューリップや花しょうぶなど、
季節ごとの草花を楽しむことができますし、バーベキューを楽しむこともできます。
こういったことも柏が人気のある理由でしょう。

今初めてマンション売却をご検討されている方も おられるでしょうか?
マンション売却で後悔しないためにマンションを少しでも高く売りたいという考えでいませんか?
マンションをスピ―ディーに現金化する方法も実際ある事をご存知でしょうか?
思い切ってマンションを売却して人気のある街に住み替えるというのも良いのではないでしょうか?
ただマンション売却をする時はできるだけ慎重になった方が良いと思いますので
マンション売却なんてこりごりって事にならないためにもよく考えたうえで
売却をする必要があると思います。