新着情報

2013年8月13日 地域コミュニティの方法を集める

SNSが大きく注目されたきっかけの1つは東日本大震災でした。 災害により電話が繋がらない期間が長く続いた一方でインターネット回線は比較的早い時期から復旧していて、電話では安否確認ができなくてもTwitterなどのSNSを使うことで安否確認ができたという人がたくさんいました。 このようにSNSは地域コミュニティの絆を深めるという目的でも活用することができます。 たとえば、大きな地震により電車が動かなくなって徒歩で帰宅することを強いられた時、家族が今どのあたりを歩いているのかといったことがSNSを通じて確認することができれば、それは家族にとってはとても大切な情報ということになるでしょう。 また、どこの避難所にいるのかといった情報や、誰々の行方がわからないといった方法がいち早く手に入れば、迅速な対応をとることも可能になります。 最近では変質者が増えて子どもの学校の行き帰りに不安を感じているという親御さんも多いと思いますが、そういった時にも「○年×組の生徒はいつもより少し帰宅が遅くなります」と言った情報があれば子どもの帰りが少しくらい遅くなっても心配がなくなりますし、「近くに不審者がいるという情報があります」といったことを知ることができれば、子どもを迎えに行くこともできるでしょう。 このように、地域コミュニティの情報収集という目的のためにもSNSは有効なのです。

パリのメトロに関する優良情報を手に入れることは重要です

世界に名だたる観光都市であるのは、パリです。
そのパリですが、他の都心部と同じように常に交通渋滞に悩まされています。
このあたりは、東京と大して変わりがありません。
そんなパリジャン、パリジェンヌの足として役に立っているのが、メトロです。
メトロというのは、日本では地下鉄と訳されておりますが、必ずしも全ての路線が地下を走っているわけではありません。 例えば東京メトロでも丸の内線や銀座線では、一部地上部分を走っているところがありますよね。 パリの地下鉄でも、地上を走っている地下鉄があるという、なんとも矛盾した状態となっているのです。 メトロというのはそもそも「メトロポリタン」の略で、「都市交通」とも言えばいいでしょうか。 パリを移動するのに、このメトロほど適したものはありません。
それを、パリ市内を走っているほかの公共交通機関と比べてみましょう。

まずはバスです。 バスのメリットというのは、地上を走っているということです。
地上を走っているので、当然ながら車窓の風景を楽しむことが出来ます。
しかしバスは、パリの交通渋滞の餌食となってしまいます。 特に環状道路を走るバスや、パリ中心部を走るバスとなると
朝晩のラッシュアワーは相当のものです。全く身動きが取れないということもあります。
それならば、歩いたり自転車に乗ったほうが早いというものです。

他には、RERという交通手段もあります。
これは地域を結ぶ電車で、パリ市内のほとんどは地下を走っております。
これはメトロと同じように、時間が計算できる交通手段ではあります。
しかしメトロと比べると、パリ市内に駅の数が圧倒的に少ないです。 そもそもパリとその周辺地域を広くカバーするものですので、パリ市内に駅が少ないのは当然なのですが、利便性からするとメトロに軍配が上がります。

このようにいずれの公共交通機関も、メトロと比べると落ちます。
メトロに関する優良情報を手に入れることは、パリを制するといっても過言ではありません。

パリを制するために、事情通の男を捕まえるのが一番早いかもしれません。
そのためにもキャバ派遣の体入ネクストで働き、
事情通の男からいろいろ話を聞きましょう!キャバクラで遊ぶくらいの男性であれば、
きっと海外旅行の一つや二つしていると思いますし、その中にパリにいったことのある詳しい男性も
いると思います。キャバ派遣の体入ネクストで、パリの事情通を抑えましょう^^